スマートフォンの紛失対策、できていますか?

スマートフォンの紛失対策、できていますか?

会社から支給されている携帯電話がスマートフォンやタブレットに変わり、外出先でも簡単にメールのチェック、文章の作成、名刺や案件情報の管理ができるようになりました。便利になった反面、個人情報やビジネスデータがたくさん詰まった端末を紛失してしまった場合には、情報漏えいなどの大きなトラブルにつながる可能性があります。
そこで今回は、スマートフォンなどの端末を紛失した時にやるべき事や、紛失防止・紛失物回収サービスをご紹介します。
 

■スマートフォン紛失したことありますか?

セキュリティアプリで有名なLookoutの調査によると、日本人のスマートフォン保有者の5人に1人が紛失を経験しているそうです。また、紛失した人の10人に1人は失くしたスマートフォンが戻ってこなかったという結果も出ています。

 参照リンク : Lookout「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」

 

■もしもスマートフォンを紛失してしまったら

スマートフォンを失くしてしまった!
紛失に気付いたら、まずは端末を探しましょう。

端末を捜索する場合には、アプリを使うと非常に便利です。
iOS端末であれば、「iPhoneを探す」、Android端末であれば、Google公式の無料アプリ「Find My Device」などがあるので、紛失する前にアプリを入れて設定しておくと良いでしょう。

また各通信会社のオプションサービスを利用することで、紛失した端末の悪用を防ぐこともできます。

<通信会社のオプションサービス>
  • 捜索サービス
  • 遠隔ロック
  • 回線停止 など

これらのアプリやサービスを利用しても端末が見つからない、という場合には警察に遺失物届を出しましょう。また端末で利用していたサービスがある場合には、パスワードを変更するなどの悪用防止対策を行いましょう。
 

■紛失防止のためのサービス

<紛失防止タグ>

「紛失防止タグ」はBluetoothを使ってスマートフォンとペアリングすることで、紛失を防ぐことができるタグです。
様々なタイプの紛失防止タグがありますが、多くのタグでは

  • スマートフォンからタグのブザーを鳴らすことで、失くした物の発見を手助けする。
  • 一定以上タグとスマートフォンが離れたらスマートフォンからブザーが鳴り、置き忘れを知らせる。

といった機能があります。
さらに、スマートフォンを置き忘れた場合にはタグが鳴って知らせてくれる機能を備えている製品もあります。こうしたタグを活用することで、貴重品とスマートフォンの紛失を同時に防ぐことができます。
 

■紛失物の回収率を上げるサービス

<紛失物回収サービス「マイブーメラン」>

「マイブーメラン」とは、持ち主の代わりに落とし物を回収してくれるサービスです。
物品にこのようなラベルを貼り、持ち物を登録しておくだけで準備は完了です。
 

 
ラベルには発見連絡先の電話番号が書かれているため、落とし物を見つけてくれた人がいた場合の回収率が高まります。

  • 拾得者からの連絡はマイブーメランのコールセンターが受け付け、回収の段取り、拾得者へのお礼までを実施。持ち主は拾得者との直接のやり取りは不要です。
  • ラベルには持ち主の名前や連絡先の表記なし。持ち主の情報を知られることなく回収でき、物品管理担当者の負担もありません。
  • 持ち主が紛失に気付く前に見つけてもらえる、といったケースもあります。

この紛失物回収サービス「マイブーメラン」は、弊社ネットレックスでも取り扱っているサービスです。
気になった方はお気軽にお問い合わせください。
 
 
◆◆さて、いかがでしたでしょうか?
紛失しないことが一番ですが、万が一に備えて「データをバックアップしておく」「端末にパスワードを設定しておく」などの事前対策も重要です。
日頃から管理意識をしっかり持って使いたいですね。
物品管理に関するお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
このブログが皆様の「モノの管理のヒント」になれば幸いです。

(え)