工具管理が激変!管理担当・現場担当どちらも納得の方法とは?

工具管理が激変!管理担当・現場担当どちらも納得の方法とは?

誰でも、うっかり物を置き忘れてしまう事があるかと思います。
しかし、その ”うっかり” が許されないのが「工具」を使う現場です。

「工具をうっかり置き忘れてしまった」「どこかに失くしてしまった」
現場によっては、こうした置き忘れや紛失は単なる費用的な損失だけでなく重大な事故につながる恐れもあるため、工具持出しの際には厳密な管理が求められます。
そこで今回は皆さまが抱えている工具管理の課題と、その課題を解決する工具管理の方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

■工具紛失のリスク

「工具を現場に置き忘れてしまった」「現場で失くしてしまった」
このことがなぜ重大な事故につながる可能性があるのでしょうか?

様々な業界の中で、特に工具や持ち物の管理を徹底していると言われているのが航空業界です。例えば、航空機整備の現場で工具を紛失してしまった場合には、その工具ひとつが見つかるまで徹底的に探します。なぜそこまで徹底して紛失した工具を探すのでしょうか。
それは、紛失した工具が風で巻き上げられて何かに当たったり、エンジンに巻き込まれてしまった場合、重大な物理的・人的被害が発生する恐れがあるからです。
 

■工具管理のお悩み

航空業界に限らず、工具を使う方にとって置き忘れや紛失はあってはならないトラブルです。
そのため多くの会社では紛失防止のために、エクセルや紙で工具管理用の台帳を作成した上で、持ち出し時・返却時に目視で工具のチェックを行っています。
このような業務の中で、物品の管理担当者と、実際に工具を使用する現場担当者では、それぞれ異なるお悩みを持っているようです。

管理担当者

  • 誰が、いつ、どの工具を持出していて、いつ返却されるのか把握できていない
  • 台帳への記入漏れや間違いが多く、正確な情報が把握できない

現場担当者

  • 工具を紛失していないか確かめるために、持出し時と返却時に工具を1つ1つ確認するのは手間がかかって大変
  • 紛失したかもしれない工具を簡単に探せたらいいのに

管理担当者の「正確に工具の持出し状況を把握したい」という希望と、現場担当者の「持出し・返却時に手間や時間をかけたくない」という相反する課題が見えてきました。
工具の紛失を防ぎながらこれらの課題を解決するには、どのように管理すれば良いのでしょうか。
 

■ICタグで工具管理を簡単に

ICタグ読み取りイメージ
手間をかけずに正確な工具管理を行うには、ICタグを活用するのがおすすめです。
ICタグには、リーダからの電波が届く範囲であれば、離れた距離から複数個一括で読み取ることができるという特徴があります。そのため、これまで目視で1つ1つ確認していた持出し・返却作業が、ICタグを読み取るだけの簡単な作業に変わります。ICタグを活用すればヒューマンエラーを防ぎながらスピーディに持出し・返却を行えるようになります。

<ICタグで工具管理を行うメリット>

  • 複数の工具をまとめて読み取り可能。持出し・返却がスピーディに。
  • 読み取るだけの簡単な作業に変わるので、誰でも正確に持出し・返却処理ができます。
  • 誰が、いつ、どの工具を読み取ったのか自動で登録できるので、管理担当者も安心。
  • ICタグリーダを使って工具の探索も可能。現場担当者の負担を減らします。

 
 
◆◆ さて、いかがでしたでしょうか?
工具管理にICタグを取り入れることで、管理担当者・現場担当者それぞれのお悩みを解決することができるかもしれません。工具管理にお悩みの方はICタグでのシステム化を検討してみてはいかがでしょうか?
「ICタグについて詳しく知りたい」「工具管理の運用について聞いてみたい」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログが皆様の「モノの管理のヒント」になれば幸いです。

(え)