医療機器

課題

医療機器

誰がどの機器を利用しているのか分からない

棚卸しに手間がかかっている

Convi.BASEで医療機器管理を効率化

  1. 1

    バーコード・ICタグで棚卸しを効率化

    棚卸し機能
  2. 2

    いつ、誰が、何を持ち出したかを明確に

    貸出し・返却機能
  3. 3

    「管理担当者別」「ステータス別」など利用シーンに合わせた子台帳を作成可能

    ビュー機能

1. 棚卸し

ハンディターミナル・iPhoneでIC タグ・バーコードを読取り、棚卸しを正確かつ効率的に行います。
読取り結果はコンビベース上で自動集計可能。棚卸し全体の作業工数を1/3 ~ 1/10 に削減します。

ICタグ、バーコード、QRコード、カメレオンコード、フルスキャンコードに対応

棚卸し結果の反映はボタン一つで行えます。
棚卸しの実施状況もグラフで分かりやすく表示されます。

2.貸出し・返却

医療機器の貸出し・返却時にICタグやバーコードを読取って簡単に貸出し管理を行うことが可能です。
「いつ」「誰が」「何を」持ち出したかが分かるようになるので、医療機器の紛失防止に役立ちます。

ガントチャート機能で、どの物品を誰がいつまで貸出ししているのかを視覚的に表示

3.ビュー(子台帳)

台帳機能に登録された情報から、条件に合致する情報だけを抽出した子台帳を作成できます。
例えば「遊休品ビューを作成して二重購入防止に活用」「部門ごとのビューを作成して管理対象物品を簡単に把握」など管理状況や利用シーンに合わせてビューを作成できます。

ビューはお客様自身で条件を設定して自由に作成が可能です。

ページTOPへ