2018年9月11日

「Convi.BASE(コンビベース)」iOS アプリケーション Ver.7 リリースのお知らせ

株式会社ネットレックスでは、2018年9月11日、Convi.BASE クラウドサービスで提供している、iOSアプリケーションのバージョンアップ(Ver.7)をリリースする運びとなりました。
このたびのバージョンアップでは、東芝テック社製RFIDハンディリーダーへの対応や棚卸し階層の絞り込み機能など、お客様より数多くお寄せいただいた機能改善・機能追加のご要望に対応いたしました。

この機会に是非バージョンアップしてご活用ください。

詳細は「Convi.BASE(コンビベース)iOSアプリケーション Ver.7 リリースノート」をご覧ください。




< 主なバージョンアップ内容 >

◆ 全アプリ共通

  • 東芝テック社製RFIDハンディリーダー「UF-2200-HL-R(登録局モデル)」および「UF-2200-HM-R(特定小電力モデル)」に対応しました。
  • カメレオンコードの最大同時読み取り数を100に拡張しました。

◆ iOS棚卸しオプション Ver.7

  • 棚卸し階層の設定画面をリニューアルし、階層マスタによるハイライトや階層の絞り込みが可能になりました。
  • 棚卸しの未実施物品のみを受信し、棚卸し対象とすることが可能になりました。
  • 数量管理オプションの棚卸しにおいて小数以下の入力が可能になりました。

◆ iOS貸出しオプション Ver.7

  • 備考の選択肢指定に対応しました。
  • ビュー選択画面のスキップに対応しました。

◆ Convi.BASE Pocket Ver.7

  • 東芝テック社製RFIDハンディリーダー「UF-2200-HL-R(登録局モデル)」および「UF-2200-HM-R(特定小電力モデル)」によるICタグ書き込みに対応しました。
  • 選択肢型の項目で、選択肢の入力による追加に対応しました。
  • 入出庫登録において、小数の入力に対応しました。(数量管理オプション)



<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ネットレックス コンビベース マーケティンググループ

ページTOPへ