2014年11月6日

【重要なお知らせ(追記あり)】Internet Explorer において古いバージョンのシルバーライトが利用できなくなります

米Microsoft Corporationは15日(現地時間)、「Internet Explorer」で古いActiveXコントロールが実行されるのをブロックする機能を拡充する計画を、公式ブログ“IEBlog”で明らかにしました。このなかで、Convi.BASE Enterprise Edition(以下、CBEE) で利用されている 「Silverlight」もその対象となりました。

以下、IEBlog より
http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2014/10/14/october-2014-updates-and-a-preview-of-changes-to-out-of-date-activex-control-blocking.aspx

これにより、2014年11月11日より、以下のバージョン を利用されている場合は、 Silverlight のバージョンアップを強く推奨しています。
対象のバージョン:v5.1.30514.0よりも古いバージョン

バージョンの確認方法:
1. CBEE のログイン画面を開きます。
2. 画面上で右クリックをします。
3. 「Silverlight(S)」ボタンをクリックします。
4. バージョン情報画面が表示されます。

バージョンアップ方法また、現状のバージョン(最新版でない)を継続利用する場合は、以下のマニュアルを参照してください。
https://convibase.jp/cb/manual/silverlight_versionup.pdf

ご利用ユーザー様には、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご不明な点などあれば、NETREQS ヘルプセンターまでお問い合わせください。


■ NETREQS ヘルプセンター
ヘルプセンター専用アドレス :helpcenter@netreqs.co.jp
ヘルプセンターURL :https://netreqs.zendesk.com/
ヘルプセンターTEL :03-5643-6744

ページTOPへ