「導入・保守はお任せで運用はとにかく簡単!」
山梨日本電気株式会社 様

背景

山梨日本電気株式会社様 外観

山梨日本電気株式会社は、「光デバイス」「磁気感応型(MR)センサー」「光海底中継器」の生産を中心に、最先端テクノロジーの開発を手がけている企業。携帯電話用のIC内蔵MRセンサーの生産は月産1千万個を超え、世界一の生産量を誇っている。
山梨県大月市にある5階建ての本社工場には、全ての階にクリーンルームを設けるなど最先端の製造設備が整っている。
各種製造・検査機器や材料などの数は膨大で、棚卸しの対象資産数は4000~5000以上にも上っていた。これまで棚卸しの管理システムはあったが、システム自体が古く、結局紙ベースの管理へ戻すことに。しかし現場担当者の不満が続出。そこで白羽の矢が立ったのがネットレックスの「Convi.BASE」だった。

「面倒くさい」棚卸しはバーコードでの管理が最適

左から
山梨日本電気株式会社 事業支援部 経理マネージャー 望月 照恭氏
山梨日本電気株式会社 事業支援部 主任 青山 智奈美氏
株式会社ネットレックス FMシステムソリューション事業部
営業部 営業課長 佐藤 宰

━━ そもそもなぜ、既存のシステムからConvi.BASEに変更しようと考えたのでしょうか?

事業支援部 経理マネージャー 望月照恭氏(以下、望月氏)
一番大きかったのが、現場からの声ですね。平たく言ってしまえば、「面倒くさい」というところでしょうか。これまでの大きな問題点としては2つです。
・システム自体が古く、組織変更に追いつかない
・リストを紙に出力してからチェックしていたので手間が掛かりミスも多い

━━ 組織変更に追いつかないという点とは、具体的にどういう事だったのでしょうか?

望月氏● 実は以前使用したシステムでもバーコードでの管理をしていました。ですが、そのシステムは完全にローカルなシステムであり、だいぶ古いシステムでした。開発会社が無くなってしまうなどきちんと面倒を見てくれなくなったという事情もありますが、リソースの制約もあり、会社の分割・統合といった組織変更に対応できなくなってしまいました。
そこで一旦ゼロリセットしようということで、紙ベースでの管理に戻ったのです。

━━ なるほど、そこで人的コスト等の問題が再び発生したというわけでしょうか?

望月氏● そうですね。インベントリーを紙に書き出して、目視でチェックするという原始的な方法です。当然ながら非常に多くの時間と人的リソースを消費してしまいました。特に弊社で管理している資産は4000~5000以上にも上りますし、クリーンルームには無塵紙という特殊な紙しか持ち込むことができないため、さらに余計な手間が掛かります。もちろん現場からの不満の声が続出しましたね。一回バーコードの便利さを知っているだけに、その不満は強烈です(笑)。そこで、以前のようにバーコードで管理できる便利なツールを早急に導入しようと検討しました。

製品に求めた最大の要素は「簡単」と「面倒見の良さ」

━━ Convi.BASEはどこで知ったのでしょうか?

望月氏● 弊社の会計システムを担当しているグループ会社(株式会社NEC情報システムズ)からの推薦で紹介を受けました。

━━ 製品選択の際、どういった点を最も重視しましたか?

事業支援部 主任 青山智奈美氏(以下、青山氏)
そうですね。実際に使用するのは私ですので、とにかく簡単に扱える製品であるかどうかという点を最も重視しました。それから弊社の業務にマッチする製品かどうかという点を見ました。

望月氏● 青山の立場は、システムを理解し、それを現場の担当者に説明するという役割ですので、サポートまでしっかり面倒を見てくれる会社であるか、なおかつインターフェースもわかりやすいか、という点を心配しつつ、期待もしていたと思います。

青山氏● おかげさまで導入するまでは、何度も説明に来てくださりかなりの部分で製品を理解することができました。弊社でも十分活用でき、サポートも頼りになりそうだと判断できました。

━━ Convi.BASEの良い点を挙げるとしたらどんなところでしょうか?

望月氏● まずひとつにバーコードで簡単に管理ができるところ。そして、自社開発に比べて安価にシステムが構築できるという点が気に入りました。また、パッケージ製品でライセンス契約であるため、バージョンアップ、不具合修正といった点で手間が掛からないことも魅力ですね。「餅は餅屋」ではありませんが、ネットレックスさんはこの分野に特化している会社ですので安心感もありました。

システムの移行はほとんどお任せで、非常にスムーズ

━━ そこで導入に至った、というわけですね。既存のシステムからConvi.BASEへの移行作業はスムーズに運びましたか?

望月氏● 既存データの移行を含めほとんどネットレックスさんにお任せしたので、非常にスムーズでした。こちらからお願いした要望は以下の2つです。

・一部の資産は既にバーコードシールが貼られているので、それを有効活用したい
・既存の経理システムと連携できるようにして欲しい

前者に関しては既存データをConvi.BASEに取り組む際、バーコードシールが既に貼ってある資産に関してはそれを活用できるようネットレックスさんに調整をしていただきました。新しい資産に関しては、Convi.BASEのラベルプリンターで出力したバーコードを活用し、増えるたびにその都度入力しています。
後者に関しては、現状では資産データをCSVに一旦書き出してから、会計システムに読み込むという操作で実現しています。

Convi.BASEでの初棚卸しは、とにかく簡単だった

━━ 先日、Convi.BASEを使って初めて棚卸し業務を行ったということですが、実際に使用してみた感想はいかがでしょうか?

青山氏● とにかく簡単だった、というのが率直な感想ですね。まず資産の確認ですが、一つひとつシールの番号を確認することなくハンディターミナルで“ピッ”と読み取るだけですからとても便利です。ターミナルの液晶画面で設置場所や設置部署などがその場で確認できますので、移動された資産も一目瞭然ですね。クリーンルームへも持ち込めます。
管理用シールは目立たない所に張ってあることが多いのですが、バーコードであれば手を伸ばすだけで読み取れるので、確認作業がスピーディーになりました。
それからPCへの入力ですが、これもPCへ直接接続してデータを自動送信できますので、入力ミス、入力漏れが無くなりました。以前は手入力でしたので、大幅な時間短縮になりましたね。

望月氏● 管理者の立場からみた場合、システムの導入から保守、サポートまで面倒見てくれることは非常に心強いですね。これはパッケージシステムだからこその強みかもしれません。たとえば、棚卸しの経理担当者が突然代わってしまった場合でも、ネットレックスさんが責任を持ってサポートしてくれる。自社開発システムではキチンと引き継ぎをしておかないと、なかなかこうはいかないでしょうから。

━━ 現場の担当者からの声はいかがでしょう?

青山氏● 事前にネットレックスさんにシステムの操作説明会を開催していただいたことが良かったのか、実施日にはトラブルや質問もほとんど無く、スムーズに作業できたと喜んでいました。特にここは工場ですので、手書きよりバーコードなどの装置のほうが、皆さんにとって作業しやすいんだと思いますね(笑)。

期待以上のきめ細かな対応。これからも良きパートナーで

━━ 最後に、ネットレックスの魅力をお聞かせいただけますか?

青山氏● 私としては、とても親身になってくれる会社という印象ですね。とても困ったことが発生してしまい、ネットレックスさんに電話で問い合わせた事がありました。あいにく、担当の方がいらっしゃらなかったのですが、電話に出られた方がすぐに調べて折り返してくれたのです。その時、大丈夫ですか、大丈夫ですか、と本当に心配してくれて…。その他の時でも、電話での問い合わせに対し、いつも快く対応してくれます。とても温かく、信頼できる会社だなと感じていますね。

望月氏● 率直に言って、期待以上のきめ細やかな対応をしていただいたところでしょうか。システム会社は比較的画一的な対応をすることが多いと感じていたのですが、ネットレックスさんは違いましたね。実は棚卸し直前に、緊急で行わなければならない作業が発生してしまったのです。週末でしたが、なんとか対応して下さったときは本当に嬉しく感じました。
特に弊社の経理は少人数で行っています。人が少ないだけに、多少お金をかけてでもこうしたツールでカバーしていこうと考えています。だからこそ、機敏に動いていただけることの必要性を強く感じています。ネットレックスさんには、弊社経理部の固定資産担当として、これからも良いパートナーとしてお付き合いしていきたい会社ですね。

山梨日本電気株式会社

会社概要 「テクノロジーと環境の調和を実現する世界一の光デバイス、及び光海底中継器の生産工場をめざします」
弊社では、世界最高レベルの光デバイス、及び光海底中継器の生産工場をめざし、日夜技術革新に励んでいます。
特に、各機能をコンパクトにまとめる「モジュール化技術」、完全自動化に対応する0.1ミクロンの高精度な「光実装技術」、AWGモジュールやMRセンサーなどの供給を支える「ウェハプロセス技術」の追求には全力を注いでいます。
また環境問題にも積極的に取り組み、技術と環境の両面からの社会貢献を続けていきたいと考えています。
住所/連絡先 〒401-0016
山梨県大月市大月町真木747
TEL 0554-23-2111(代)
FAX 0554-22-6728
http://www.nec-yamanashi.co.jp/
ページTOPへ