導入事例

備品管理はもちろん! 個人情報を含む重要書類 の廃棄管理にも 「Convi.BASE」を活用!
公益財団法人 日本漢字能力検定協会 様

「漢字検定(漢検)」や年末恒例の「今年の漢字」で知られる日本漢字能力検定協会。2013年4月1日から公益財団法人として新しいスタートを切り、日本語・漢字に関わる「普及啓発・支援活動」「調査・研究活動」「日本語能力育成活動」を3つの柱として活動しています。同協会は、京都本部、東京事務局の主に2カ所の拠点を持っていますが、備品類は、各拠点・部署ごとにそれぞれが管理していました。それをまとめて整理するために導入された「Convi.BASE」ですが、当初は想定していなかった書類の廃棄においても、重要な役割を担うこととなりました。今回は、システムの導入から運用までを担当した財務経理部 施設管理課 田中 実 氏に話を伺いました。

続きを読む

棚卸し・ライセンス・保守契約情報管理からRFIDによる移動情報の自動更新まで、成長するデータベースがもたらす可能性!!
NTTコムウェア・ビリングソリューション株式会社 様

NTTコムウェア・ビリングソリューション株式会社は、NTTグループの一員として、請求書・明細書・DMなどの印刷発行から郵便支店等への配送、さらには電子帳票、各種情報提供、アウトソーシングサービスまで、トータルサービスを提供しています。世界最大級・最新鋭の設備を多数配備した6カ所の印刷工場を始め、全国9カ所の拠点で生産設備、OA機器を集中管理するために選ばれたのがConvi.BASEです。
今回は、設備管理を担当する情報システム本部の皆様にお話を伺いました。

続きを読む

グループ全体の資産を正確・スピーディに一元管理!棚卸しの所要時間を1/3に圧縮!
アステラス製薬株式会社 様

アステラスグループ全国の拠点、工場、研究施設で管理対象となる固定資産は9万点以上。「Convi.BASE」導入1年目で、紙ベースの台帳管理に費やされてきた膨大な時間とコストの圧縮、見落としや転記ミス防止による精度向上に加え、遊休資産の見える化、業務関連手続きのデータベース化など、予想以上の成果が見えてきました。グループ全体の人事・総務・購買・設備・研究支援などの実務を支える「アステラスビジネスサービス」の企画部設備担当部長・有場氏にお話を伺いました。

続きを読む

3社合併による様々な資産管理の形態をConvi.BASEで統一! 現物管理の実践で「資産の見える化」、「戦略的な資産管理」を目指す!
株式会社富士通九州システムズ 様

2009年に3社が合併して九州地域のソフトウェア開発業界最大手となった富士通九州システムズ。各社が保有していた最新のテクノロジーとさまざまな業種・業務ノウハウが一社に集結し、より高度で広範囲なソリューションの提供、サポートが可能となった。また、今年は100%出資子会社として、(株)富士通九州システムサービスを設立し、より密着した様々なサービスの提供やサポートを地域に根ざした形で企業活動を展開。一方、活躍のステージは九州だけに留まらず東京、横浜、名古屋、大阪など日本国内はもとより、海外子会社(FQSポーランド)やアジア企業との連携など事業活動もグローバルな形で行っている。
九州だけでも拠点を8ヶ所に構え、パソコンの保有台数は4,500台を超える。その資産管理方法、IT機器特有のセキュリティ面での問題、会社合併による資産統合の課題など、その諸々の課題解決に導くConvi.BASEの導入、活用方法、今後の展開について伺った。

続きを読む

『棚卸し業務の負担が1/4以下に、現場の工夫で広がる「Convi.BASE」の可能性!』
リゾートトラスト株式会社 様

リゾートトラスト株式会社は、快適さだけではなく、セキュリティやプライバシーにも最大限考慮された会員制リゾートホテルを核として、ビジネスホテル、ゴルフ場等を展開し、豊かな人生を歩むための様々なサービスを提供しています。  30を超える拠点にある多数の資産を管理するため、年1回の棚卸しを行っていたが、関連業務を含めて完了までに半年以上を費やしていた。そこで導入したのが「Convi.BASE」。Web公開といった機能や細かな現場の工夫で、業務効率化を成功させる秘訣を同社のフラッグシップ施設である「東京ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」で伺った。

続きを読む

ページTOPへ