導入事例

『資産の棚卸し業務が気楽で簡単に、社内貸出管理にも利用!』 
ITエンジニアリング株式会社 様

ITエンジニアリング株式会社は、プロジェクトマネジメントや装置製造業向けの生産管理システムなどの開発を得意とするSI企業。同社の特徴は、受注業務の規模や内容に応じて、ダイナミック変化するプロジェクト組織による運営だ。
そのため、IT機器の管理・運営についても、プロジェクト要求に応じた迅速で、的確な対応が必要となる。
年間数百件にも上るプロジェクトへの対応を、わずか2名の担当者でこなす同社が、迅速で的確な資産管理のために選択したのが、「Convi.BASE」だった。
現物管理・棚卸し業務を効率化した「Convi.BASE」の現場での活躍を伺った。

続きを読む

「要望を形に。きめ細やかなサービスで業務効率化へ」
株式会社 ミクシィ 様

ユーザー数1,500万人を越える日本最大のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」、インターネットを活用したIT系求人情報サービス「Find Job !」を運営する株式会社ミクシィ。  事業規模の拡大と共に、主にパソコンやサーバー機器を始めとした業務上不可欠な社内資産が倍増。資産の棚卸し業務にかかる人的リソースとヒューマンエラーなどが悩みの種となりつつあった。そこで導入したのがネットレックスの「Convi.BASE」。その現場での活用と評価について伺った。

続きを読む

「棚卸し工数が1/5に!」 株式会社A銀行 総務部 様

A銀行様はリテール業務への事業注力にともなう全国の各支拠店の再整備を積極的に進めており、各種工事や什器・機器の導入など新たな固定資産物品が順次導入されています。 そのような状況の中、A銀行総務部様では、それまで店舗ごとに行ってきた固定資産管理を一元化・効率化すべく、自社の経理上の資産管理システムをもとに固定資産ラベルシールを作成し物品に貼付しました。しかし、台帳とラベルの目視による突合せのため、当初棚卸しにかかる一連の作業は部員4名で約2ヶ月を要しました。 また、管理が一元化・システム化されていないため、経理上の管理台帳と現物との照合に大きな労力と時間を要しました。 これらの状況を踏まえ、A銀行総務部様では既存の固定資産管理システムと物品管理をシステマティックに連携し、かつ棚卸しを効率的に実施するための一つの手段として、バーコードによる資産管理の導入を検討することとなりました。

続きを読む

ページTOPへ