棚卸し管理オプションとは

棚卸し業務において、下記のような課題はありませんか?

  • 会計上の管理と現物の管理がバラバラ
  • 棚卸しに時間がかかって面倒
  • 誰でも簡単、高精度に棚卸しできるツールがほしい
  • 監査に対応できる棚卸し履歴を残したい

「棚卸し管理オプション」を利用することで、上記の課題を解決できます。
ハンディターミナルやスマートフォンアプリで管理ラベルを読み取るだけの棚卸しで、棚卸し工数の削減・精度の高い棚卸しを実現します。

棚卸し管理オプションでできること

簡単に棚卸しリストを作成

棚卸しリスト作成は、棚卸し結果を記録するイベント(フォルダ)を作成し、棚卸し対象を選択するだけ。
子台帳で表示条件を設定すれば、部署や拠点ごとの表示も可能です。

スマホで簡単棚卸し

iOS・Androidアプリで棚卸し階層(設置場所等)と担当者を入力して管理ラベルをスキャン。お手持ちのスマホにアプリをインストールして利用できます。(ICタグも利用可能です。)

棚卸し結果の自動集計

棚卸しが終わったらデータ送信するだけ。「誰が」「いつ」「どこの」棚卸しをしたか記録され、集計画面から台帳と実態の差異を確認できます。

棚卸し集計画面

こんなモノの管理で使われています

固定資産
IT機器

医療機器

データセンター

計測器

工具

金型

在庫・消耗品

お問い合わせフォーム

「棚卸し管理オプションを使ってみたい」「オプション機能について詳細を知りたい」という方は下記フォームからお問い合わせください。貴社営業担当よりご連絡差し上げます。

※コンビベースの使い方についてご質問・お問い合わせがある方は ヘルプセンター をご利用ください。

お名前