導入事例

固定資産の棚卸しが従来の4分の1の時間で可能に
東京日野自動車株式会社 様

東京日野自動車株式会社は、日野自動車製のトラック・バスの販売および整備、部品販売、中古車販売、板金・塗装、保険代理店業務等を行っています。『健康経営宣言』を発表し、健康で活き活きと働ける職場環境の整備に努めていることでも知られています。

2019年の秋から、固定資産管理の省力化を目的として、「Convi.BASE」を導入。2021年には横浜日野自動車と千葉日野自動車との統合を予定しており、増大する固定資産管理に「Convi.BASE」が活用できると期待されています。

同社管理部総務課 課長格 古宮公一郎氏、同主事の桃原博巳氏に、「Convi.BASE」導入の背景と効果を伺いました。

続きを読む

手作業・紙ベースで行っていた1万点のリース資産管理を 「Convi.BASE」で大幅に省力化
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社 様

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社は、パソナグループの総合人材力とパナソニックグループと三洋電機グループで培った豊富な総務施設業務の知見をベースにお客様のお困りごとを「総務BPOソリューション」「マーケティングBPOソリューション」、2つのBPOソリューションサービスで課題解決をサポートする会社です。

同社では、課題であった社内で保有するリース物件の管理業務の効率化を「Convi.BASE」の導入によって解決しました。

事業推進・支援本部 ITビジネスサービス部 システム開発チーム マネージャーの吉田郁雄氏、同 吉田未来氏、経理部財務チーム マネージャーの寺岸正美氏、同 川崎由美氏に、「Convi.BASE」導入の経緯を伺いました。

続きを読む

“2025年の崖“にいち早く対応 自社のRPAツールで「Convi.BASE」と新基幹システムを連携
NTTアドバンステクノロジ株式会社 様

NTTアドバンステクノロジ株式会社は、1976 年の創立以来、NTT グループの技術的中核企業として、NTT 研究所のネットワーク技術、メディア処理技術、日本語処理技術、環境技術、光デバイス、ナノデバイス技術などの多彩な先端技術のみならず、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合してお客様の課題を解決し、お客様にとっての価値を提供し続けています。また国内導入数ナンバーワンの純国産RPAツール「WinActor」の開発元でもあります。2018年10月に老朽化した基幹システムの入替に着手。ほぼ同時期に「Convi.BASE」の導入にも踏み切りました。

その経緯を、NTTアドバンステクノジ株式会社 Value Co-creation事業本部 DXイノベーションプロジェクト プロジェクト長 都筑 純氏に伺いました。

続きを読む

固定資産・情報資産の一元管理及び棚卸し効率化とLCMの徹底を実現
株式会社PFU 様

株式会社PFUは、石川県かほく市に本社を置く、日本のコンピュータ関連メーカー・システムインテグレーター。主力製品の一つ、イメージスキャナの生産においては世界シェア50%を誇ります。ハードウエア、ソフトウエアなどの製品のほか、働き方改革に貢献する業務のデジタル化やセキュリティ対策等のソリューション&サービスを提供しており、事業領域は広範にわたります。

固定資産および情報資産の棚卸し効率化・管理の徹底を目的として「Convi.BASE」を導入し、2019年10月に運用をスタート。人事総務部 担当部長の宮本浩一氏、人事総務部の濱近昭司氏に導入の経緯などを伺いました。

続きを読む

償却資産を「Convi.BASE」で簡単・正確に把握
ネッツトヨタ茨城株式会社 様

ネッツトヨタ茨城株式会社は、『誇れる会社』『豊かな社員』を経営理念とし、1969年に創業。今年50周年を迎えました。茨城県内に、新車販売店舗26店舗(一部、中古車併売店舗)を展開し、車の販売とアフターサービスを通して地域のお客様に貢献しています。
全店舗合わせて1500点ほどの資産を管理していますが、属人的になっていた償却資産の管理を健全化し、すべての償却資産を正確に管理するために「Convi.BASE」を導入しました。

資産管理業務を担っている、取締役 管理副本部長 経理部長の嶋﨑正美氏、管理本部経理グループリーダー 次長 横山明文氏に導入の経緯、導入後の成果等について聞きました。

続きを読む

ページTOPへ