IT資産管理

課題

IT資産管理

IT資産管理ツールでは現物の管理がカバーできない

LCM(ライフサイクルマネジメント)を徹底したい

貸出し・返却の管理を正確に行いたい

遊休となっているIT資産物品が活用できず、無駄な投資が発生している

Convi.BASEでIT資産管理を効率化

  1. 1

    外部システムと連携して現物管理を強化。現物管理に必要な情報を一元管理

    データ連携
  2. 2

    ビュー(子台帳)作成、写真等の添付、履歴管理、アクセス権限付与などIT資産を管理するために必要な機能を網羅。LCMを支援します。

    柔軟な台帳機能
  3. 3

    バーコードやICタグを読み取って、誰がどの機器を持ち出しているのかを正確に記録

    貸出し
製品のわかりやすい資料をお送りします
お気軽にお問い合わせください

1.データ連携

柔軟かつ強力なデータベースによりIT資産に関する様々な情報の一元管理を可能にします。 IT資産管理ツールからインベントリ情報などをインポートして管理も可能。多重管理による手間を防止します。

データ連携

IT資産管理システムや固定資産管理システムと連携して、現物管理を効率化することができます。

2.貸出し・返却

IT機器の貸出し・返却時にICタグやバーコードを読取って簡単に貸出し管理を行うことが可能です。
「いつ」「誰が」「何を」持ち出したかが分かるようになります。

ガントチャート機能で、どの物品を誰がいつまで貸出ししているのかを視覚的に表示

ガントチャート機能で、どの物品を誰がいつまで貸出ししているのかを視覚的に表示

アラートメール機能で返却漏れを防止

アラートメール機能で返却漏れを防止

3.柔軟な台帳機能

ビュー(子台帳)機能、写真等の関連ファイルの添付、履歴管理、アクセス権限の付与、アラートメール機能などIT資産を管理するために必要な基本的な機能が揃っています。
柔軟な台帳機能でIT資産の購入~利用~修理~廃棄までのLCM(ライフサイクルマネジメント)を支援します。

ビュー(子台帳)はお客様自身で条件を設定して自由に作成が可能。

ビュー(子台帳)はお客様自身で条件を設定して自由に作成が可能。例えば「遊休品ビューを作成して二重購入防止に活用」「貸出し中のIT機器の一覧を作成して利用状況を把握」など管理状況や利用シーンに合わせてビューを作成できます。

IT資産物品に写真や関連ファイルを紐付けて管理可能。

IT資産物品に写真や関連ファイルを紐付けて管理可能。稟議書、説明書、保証書などの資産に関する関連ファイルもコンビベースで一元管理ができます。

ページTOPへ