適用業務・用途(IT)

IT資産管理ツールではカバーできない現物管理に

Convi.BASEはパソコン、サーバー、スマートフォンなど、あらゆるIT機器の現物管理を支援します。今までの目視による棚卸し工数は、ICタグ、バーコードを活用して1/3~1/10に削減することが可能です。社内にExcelなどで作成された管理台帳が複数存在する場合、柔軟な台帳アプリケーションを活用してそれらを一元管理することもが可能です。

情報システム部門系のお客様のお悩みをConvi.BASEが一気に解決!

①台帳と現状が乖離し実態把握が困難

  • IT資産物品の管理台帳と現実があっていない。
  • IT資産管理ツールでは現物の管理がカバー出来ない。
  • 遊休となっているIT資産物品を活用できず、無駄な投資が発生している。
  • 貸出し(持出し)、返却の管理が出来ていない。

②管理台帳の属人化ブラックボックス化

  • 様々な管理台帳があふれてしまっている。
  • 履歴の管理ができていない。
  • 関連するドキュメントや写真を管理したい。
  • 権限や管理項目を自由に設定したい。

①ICタグ、バーコードで管理台帳と現物を紐付け、現物の実態を確実に把握

  • ICタグ・バーコードを活用した管理ラベル作成が可能
  • ハンディターミナル・iPhoneによる棚卸し
  • 遊休品の把握・コスト削減
  • ICタグ・バーコードを用いた貸出し、返却管理が可能

②柔軟・強力な管理台帳で物品情報を一元管理、属人的な管理からの脱却

  • 柔軟かつ強力な台帳機能で管理を一元化
  • 履歴の管理が可能
  • IT資産物品に写真や関連ファイルを紐付けて管理可能
  • 柔軟なアクセス権や管理項目の設定が可能

資産物品管理で活躍する機能のご紹介

ICタグ・バーコードを活用した管理ラベル作成が可能

バーコード、2次元コード、カメレオンコード付きの管理ラベルを簡単に出力できます。ラベルレイアウトは自由に設定可能です。
出力したラベルは対象の資産物品に貼付・読み取ることで、様々な管理業務に活用できます。

ICタグ、バーコード、2次元コード(QRコード・フルスキャンコード)、カメレオンコードに対応

管理ラベルにより、台帳と現物を強力に紐付けます

ハンディターミナル・iPhoneによる棚卸し

ハンディターミナル・iPhoneでIC タグ・バーコードを読取り、棚卸しを正確かつ効率的に行います。
読取り結果はコンビベース上で自動集計可能。棚卸し全体の作業工数を1/3 ~ 1/10 に削減します。

iPhoneのアプリを使って、誰でも手軽に棚卸しを実施可能です

棚卸し結果の反映はボタン一つで行えます
棚卸しの実施状況もグラフで分かりやすく表示されます

遊休品の把握・コスト削減

資産物品の利用状況をハンディターミナル・iPhoneで記録し、どの物品が遊休品になっているか把握することが可能です。
ビュー機能を活用して、台帳から遊休品のみ抽出し、リスト化することも可能。遊休品の活用に繋げることができます。

ICタグ・バーコードを用いた貸出し、返却管理が可能

IT機器の貸出し・返却時にICタグやバーコードを読取ることで、簡単にステータス管理を行うことが可能です。
「いつ」「誰が」持ち出したかが分かるようになるので、IT機器の紛失に役立ちます。

返却期限を設定してアラートメールでお知らせすることも可能です

ガントチャート機能で、どの物品がいつまで貸出されているのかを視覚的に表示

柔軟かつ強力な台帳機能で管理を一元化

柔軟かつ強力なデータベースにより一元管理を可能にします。
インポート機能により、外部の情報を取り込んで活用可能です。多重管理を防止します。

履歴の管理が可能

物品のライフサイクルや、データメンテナンスの履歴を記録。
資産物品の貸出し履歴も残すことができるので、「だれが、いつ」物品を利用したかを記録できます。

IT資産物品に写真や関連ファイルを紐付けて管理可能

物品に関連する写真やWord、Excel、PDF等のファイルを添付可能です。
添付数に制限はありません。写真付きの一覧表も出力可能です。

物品の写真・説明書・保証書・稟議書などの関連ファイルを、物品情報と紐付けて管理することができます

iOSアプリ「Convi.BASE Pocket」を使えば、その場で物品の写真を撮影してアップロードが可能です
もちろん添付した写真やPDFを参照することもできます

柔軟なアクセス権や管理項目の設定が可能

台帳の管理項目は完全自由に設定できます。
ログインユーザー別に閲覧制限や機能制限等の権限が柔軟に設定可能です。
情報の改ざんやミスによる情報の誤記録を防止します。

ご利用イメージ

ページTOPへ