適用業務・用途(工具)

工具の入出庫や校正情報などの管理に

工具の入出庫や貸出し返却などの業務にICタグ・バーコードを活用し、現場での置き忘れや紛失を防止します。特に、ICタグを利用すれば、これらの業務はもちろん棚卸しにかかる確認作業の工数を大幅に削減、効率化することが可能です。

航空機、鉄道、自動車、建設業のお客様のお悩みをConvi.BASEが一気に解決!

①FOD(Forign Object Debris)対策が必要

  • 現場への工具の置き忘れや紛失が問題になっている。
  • 履歴の管理が必要。

②管理台帳の属人化ブラックボックス化

  • 工具の校正管理が出来ていない。不十分である。
  • 権限や管理項目を自由に設定したい。

 

①ICタグ、バーコードで管理台帳と現物を紐付け、現物の実態を確実に把握

  • ICタグを用いた貸出し(持出し)、返却管理が可能
  • 履歴の管理が可能

②柔軟・強力な管理台帳で物品情報を一元管理、属人的な管理からの脱却

  • 校正のステータス管理、メール通知が可能
  • 柔軟なアクセス権や管理項目の設定が可能

工具管理で活躍する機能のご紹介

ICタグで工具の持出し管理を強化。FODの防止対策を実現

ICタグを用いた貸出し(持出し)、返却管理が可能

工具に取り付けるICタグを作成可能です。工具の貸出し(持出し)、返却時にICタグを読取り、システムに記録を行うことが可能です。

Convi.BASEを
導入された
お客さまの声!

工具の持ち出し・返却の際に、リーダ一を用いて、工具に取り付けたICタグを一括で読取っています。自動的に記録が残るので、台帳への記入漏れやミスなどの問題はなくなりました。(鉄道 女性)

現場での工具の置忘れや紛失を防止するため、作業の前後に必ずICタグを読取るようにしています。工具の充足・不足を正確に確認出来るので、FOD対策として社内でも一定の評価を得ることが出来ました。(航空 男性)

履歴の管理が可能

工具のライフサイクルや、データメンテナンスの履歴を記録します。 「誰が」「いつ」「何を」使用したか、持出しの際の記録も可能です。記録した履歴は検索することも可能です。

Convi.BASEを
導入された
お客さまの声!

工具の不足が発覚した場合の対策として、過去の持出し履歴から作業員や作業履歴を検索することで、不足の原因を特定するようにしています。条件を指定して検索するだけなので、特定作業が非常に楽になりました。(建設 男性)

持出しの際は自動で記録を取っているので、台帳への記入漏れはなくなりました。履歴は簡単にリスト印刷やエクスポートが出来るので、必要な時に帳票として活用しています。(機械メーカー 男性)

システムを活用し、工具の校正管理や棚卸しを強化

校正のステータス管理、メール通知が可能

「校正中」「校正済」「返却待ち」等のステータスを管理可能です。点検時期が近付いた工具の一覧をメールで通知することが可能です。

Convi.BASEを
導入された
お客さまの声!

校正に出した工具はステータスを管理しています。探している工具が校正中なのか、校正が終わって工具室にあるのか、作業のため持出し中なのかなど、時間がかかっていた確認作業を短縮することが出来ました。(プラントメーカー 女性)

特定の工具の校正時期が近付くと、自動でアラートメールを送信しています。適切な時期に通知することで「忘れ」や「抜け」の防止策になっています。前倒しで校正を実施する必要もなくなったので、校正にかかる無駄なコストも削減できました。(建設 男性)

ICタグを利用して簡単棚卸し

ICタグをハンディターミナルで読み込み、現物棚卸しを実施します。ハンディターミナル上で場所や利用状況の確認と記録が行えます。

Convi.BASEを
導入された
お客さまの声!

弊社では半年に一度、工具の棚卸しを実施しています。保管場所の特定や購入・廃棄申請の忘れをチェック出来るので、台帳の精度が向上し管理体制を整備することが出来ました。(自動車部品メーカー 男性)

今までの棚卸しは工具一つ一つを目視でチェックしていたため、工数が負担になっていました。一部の工具にICタグを実験導入したところ、100点の棚卸しに1分かかりませんでした。かなりのスピードを実現できるため、期待できます。(化学メーカー 女性)

柔軟なアクセス権や管理項目の設定が可能

台帳の管理項目は完全自由に設定できます。ログインユーザー別に閲覧制限や機能制限等の権限が柔軟に設定可能です。情報の改ざんやミスによる情報の誤記録を防止します。

Convi.BASEを
導入された
お客さまの声!

保管場所、持出し状況、校正期間、取得年月日など、今までExcelの工具管理台帳に記載していた管理項目は、全て設定可能です。(鉄道 女性)

持出し担当者と棚卸し担当者は、それぞれ業務に必要な機能のみ利用できるように設定しています。メニューの表示を分かりやすく設定することで、迷うこともありません。(航空 男性)

ご利用イメージ

ページTOPへ