適用業務・用途(工具)

現場でのスピーディな工具の持出し・返却を実現

ICタグを工具に取り付けることで一括確認を実現。工具の持出し・返却作業を大幅に軽減、効率化します。

工具管理のお悩みをConvi.BASEで解決!

①工具の紛失を防ぎたい

  • 現場への工具の置き忘れや紛失が問題になっている。

②目視での持出し・返却チェックは限界

  • 現場に持出す工具を1つ1つチェックするのが大変。
  • 誰が、いつ、どの工具を持出し・返却したのかを簡単に記録したい。

③管理台帳の属人化が課題

  • 工具の校正管理が不十分。
  • 権限や管理項目を自由に設定したい。

 

①ICタグで持出し・返却を管理

  • 持出し時と返却時に、工具に付けたICタグを読み取ることで、持出した工具の確実な返却を支援。

②ICタグで複数の工具もまとめて管理

  • 現場で行うのはICタグを読み取る作業のみ。誰でも簡単に持出し・返却処理が可能。
  • 持出し・返却情報はConvi.BASE上に記録。データを出力して集計することも可能。

③柔軟・強力な管理台帳で工具情報を一元管理

  • 校正のステータス管理、メール通知が可能。
  • 柔軟なアクセス権限設定や管理項目設定が可能。

工具管理オプション 運用イメージ

持出し

ICタグを読み取ることで、持出す工具を記録します。

①ICタグリーダーを使って持出し処理を行います。

②工具を持出す担当者を指定します。
「持出し先」や「作業班名」を指定することも可能です。

③持出す工具のICタグを読み取ります。

④ICタグを読み取ると、持出し工具のリストが表示されます。
完了ボタンを押すと、持出し処理が完了します。

返却

工具を返却する際にも、持出し時と同様の流れで処理を行います。

①ICタグリーダーを使って返却処理を行います。

②工具を返却する担当者を指定します。

②返却担当者を指定すると、その担当者が持出した工具の一覧が表示されます。

③ICタグリーダーで工具のICタグを読み取ります。
読み取られた工具は緑色で表示され、どの工具が返却されていないのかが分かります。
完了ボタンを押すと、返却処理が完了します。

探索機能

ICタグリーダーを使って、工具の探索を行うことができます。
電波の強弱に応じて、リーダー画面上に表示される円の大きさが変化します。
効率よくICタグを探索するのに役立ちます。

 


 

ページTOPへ