制服・ユニフォーム

課題

制服・ユニフォーム

誰に、どの制服が貸与されているのか現状把握ができていない

棚卸しに手間がかかっている

Convi.BASEで制服・ユニフォーム管理を効率化

  1. 1

    バーコード・ICタグで誰でも簡単棚卸し

    貸出し・返却機能
  2. 2

    いつ、誰が、何を持ち出したかを明確に

    入出庫機能
  3. 3

    「営業所別」「ステータス別」など利用シーンに合わせた子台帳を作成可能

    ビュー機能

1.貸出し・返却

制服(ユニフォーム)の貸出し・返却時にICタグやバーコードを読取ることで、簡単に貸出し管理を行うことができます。
「いつ」「誰が」「何を」持ち出したかが一目で分かるようになるため、制服管理を効率化できます。

ガントチャート機能で、どの物品を誰がいつまで貸出ししているのかを視覚的に表示

返却期限をメールでお知らせ。返却漏れを防ぎます。

2. 入出庫

管理ラベルの読み取りにより、制服の入出庫・移動・ステータス変更などの情報更新が可能です。
たとえば「クリーニングから返ってきた制服の管理ラベルを読み取り、ステータスを”クリーニング済”に変更」「傷んで使わない制服は”廃棄予定”に変更」など、誰でも簡単に情報更新を行う事ができます。

例えば制服・ユニフォームのクリーニング~保管~貸与までの一連のステータス管理などの活用が可能です。

3.ビュー(子台帳)

台台帳機能に登録された情報から、条件に合致する情報だけを抽出した子台帳を作成できます。
例えば「現在クリーニング中の制服一覧」「営業所にストックしてある制服一覧」など管理状況・運用に合わせてユーザー自身でビューを作成できます。

ビューはお客様自身で条件を設定して自由に作成が可能です。
必要な情報にすぐにアクセスできます。

ページTOPへ